月別アーカイブ: 2016年6月

彼への初めてのプレゼントは財布でした

学生時代。付き合って初めての彼の誕生日にプレゼントをあげようと思いましたが、男の人のほしいものなどさっぱりわかりませんでした。

月並みですが、財布をあげようと思い立ち、シンプルなデザインの焦げ茶色の二つ折りの財布をプレゼントしました。

学生時代でお金もなかったので、ブランドもなし、それなりのお値段のお財布です。普段彼は、財布をポケットに入れていたので、長財布よりは折り曲がる方が良いだろうと考えて決めました。

プレゼントを渡すと、彼は本当に喜んでくれました。安物の財布ですが、本当に大事に使ってくれました。

結構ボロボロになったのを見かねて、他の友人が財布をプレゼントしてくれてもしばらく変える気はないとのことで、最初はうれしく思っていたのですが、時がたつにつれて愛着が沸くようになったらしく、本当に変える機会を逸してしまったようです。

当時、彼氏だった彼は今では夫になりましたが、財布は当時のまま。カードが増え、パンパンになっています。

結局、おたきあげをするから変えてくれと、頼み込んで財布を新調しましたが、改めて年取った財布を見るとひどい傷み具合でした。

ものを大事にするのは良いことですが、過ぎたるは及ばざるが如しを実感した瞬間でした。